0コメ 鴻海精密(HONHAI)が中部科学園区二林園区への進出を検討、100ヘクタールの土地を要求
鴻海精密(HONHAI)が中部科学園区二林園区への進出を検討、100ヘクタールの土地を要求
中部科学園区管理局の楊文科・局長は9日、鴻海精密(HONHAI)グループが中部科学園区二林園区への進出を検討しており、すでに4回、視察に訪れたと指摘した。

ただし、行政院環境保護署が環境影響評価を通過させていないため、これまでのところ最終決定は行われていない。

また、彰化県は鴻海精密グループがすでに100ヘクタールの土地を要求していることを明らかにした。投資額は1000億台湾元に上るとみられている。  

同グループはすでに中部科学園区台中園区に賜福科技を開設するとともに、智動化科技研究開発ビルを建設している。

初期投資額は67億台湾元で、工作機械のハイエンド・デジタルコントロール技術、ハイエンド医療機器、介護機器などの分野への進出を準備している。  

さらにロボット分野の発展のため、これまで台中園区の近くにある30ヘクタール余りの土地を利用することを検討していたが、面積が小さいことなどから断念し、中部科学園区二林園区への進出を目指している。

台湾

オススメ

最新の人気記事

「台湾」カテゴリの最新記事