197コメ 【台湾の反応】韓国1次R敗退!!おめでとう台湾!!オランダと共に東京ラウンドへ!!WBC!!

WBC1次ラウンドB組(5日、韓国3-2台湾、台中)韓国が八回に姜正浩の2点本塁打で逆転勝ちをおさめたが、得失点差で台湾を上回ることができず、前回大会準優勝チームがまさかの第1次ラウンド敗退となった。

daffd89f.png

続きを読む
220コメ 【台湾の反応】台湾人激怒!!韓国「台湾の食べ物のせいでオランダに負けた!!」WBCワールドベースボールクラシック

台湾メディア・東森ニュースは4日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第1ラウンドB組で韓国がオランダに完敗したことについて「台湾の食べ物の味が濃すぎることが原因」と韓国メディアが分析したと伝えた。

11


続きを読む
231コメ 【台湾の反応】台湾人「WBC韓国戦は明日台湾で!!韓国には絶対に負けられない!!」宿敵韓国との決戦!!

韓国にとっては最悪の状況だ。3日、台湾・台中インターコンチネンタル球場で行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第1ラウンドの試合で、台湾がオランダを8-3で降して2連勝した。
勝者-敗者はもちろん、点差まで韓国に有難くない結果だ。
韓国に5-0で勝ったオランダが台湾に敗れて1勝1敗になったため、韓国は豪州・台湾に連勝しても、「場合の数」を考えなければならない状況に追い込まれた。

71ef6194.png
 
続きを読む
163コメ 【台湾の反応】打倒韓国だ!!WBC2連勝で波に乗る台湾チーム!!韓国戦に向けて台湾中がアツくなる!!

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の第1ラウンドB組の台湾対オランダ戦が行われた。序盤にリードを許した台湾が、8対3と逆転勝ちを収めた。これで台湾はオーストラリア戦に続いて大会2連勝(2勝0敗)。

40

続きを読む
37コメ 【台湾の反応】え!?韓国に全力で対抗!?韓国音楽やドラマが日本よりも人気!?日本の番組、アジアで展開へ。

台湾でK-POPが人気!?
K-POPに対抗する形で日本政府がアジアで日本の番組を放送するという報道が台湾でなされました。
このニュースを見た台湾人の反応は…?
以下、ニュースと台湾の反応のご紹介です。


ここ数年、K-POPや韓国ドラマが日本のJ-POPに代わり大きく成長している。
日本の90年代はドラマの黄金期だった「ロングバケーション」や「ラブジェネレーション」などのドラマがヒットしたが、ここ最近は「家政婦のミタ」を除いて大きなヒット作は出ていない。
それに対して韓国では「美男ですね」などのドラマや江南Styleなどのヒットが続いている。
韓国に全力で対抗する為、日本政府は始めの1歩としてTV局と協力して、シンガポールで日本の番組を24時間提供する事を決定した。漫画や音楽それからグルメ番組も提供する。台湾や韓国も含め10カ国に及ぶ予定だ。(台湾TVBS報道)

46


続きを読む
43コメ 【台湾の反応】台湾人「日本にふさわしい開発だね!!」ロボットスーツHALを見た台湾人の反応!!

一般財団法人日本品質保証機構(東京都)は27日、ベンチャー企業「サイバーダイン」(つくば市)が開発した「ロボットスーツ10+件HAL福祉用」に対し、サービスロボット機器としての国際安全規格を認証した。同機構によると、この分野での認証は世界初という。

00


続きを読む
115コメ 【台湾の反応】日本人と犬は入店禁止!?中国北京のレストランでの張り紙が話題!!!!

中国の北京で「日本人とフィリピン人とベトナム人と犬はお断り」と張り紙をしているレストランがあり、話題となっています。
中国のネット上では、オーナーの愛国心を支持する人もいれば、「やり方が違うだろう!」という反対する意見も出ているようです。このニュースは台湾でも紹介されました。

47

続きを読む
204コメ 【台湾の反応】中国人と一緒の運命に?!韓国人600万人が日本製品の大規模不買運動実施!!

韓国の600万人超の自営業者が、島根県の「竹島の日」の式典が2013年2月22日に行われたことに反発し、韓国の独立運動記念日である3月1日から日本製品を一切取り扱わないことを決定した。韓国の通信社「聯合ニュース」が2月25日に報じた。

58
 
続きを読む
45コメ 【台湾の反応】2万人が熱狂!!安室ちゃんが台北でのコンサート日程を終了!!台湾人は安室ちゃんが大好き!!

台湾の大型会場・台北アリーナでコンサートを開催した、安室奈美恵。台湾でも日本のDiva(歌姫)として知られており、人気を誇る日本スターの1人と言えるだろう。

1995年4月にシングル曲「太陽のSEASON」でソロデビューした安室は、「Chase the Chance」(95年)、「CAN YOU CELEBRATE?」(97年)ほかの楽曲でチャート1位を獲得し、ミリオンセラーも連発して日本でトップアイドルの地位を築いていく。

ドラマや映画に出演し女優としても活動していたが、発表時に話題になるものの……歌手としての存在感の方が輝いていたことは否めない。そんな様子が、日本の芸能ニュースがほぼリアルタイムで伝わる台湾でも広まり、“アムロちゃん”人気が日本と同じようにブレイクしたと思われる。

同世代の女性ファンが真似る“アムラー”ファッションも台湾で流行し、洋服屋には安室の切り抜きとそれによく似た服が並んでいる、という光景が頻繁に見受けられたものだ。

13422b99.png


続きを読む